なぜ、前置詞がinではなく、onなのか?「Life on HigashiYuri」に込められた意味とは。秋田県由利本荘市東由利

      2016/02/20

なぜ、inではなく、onなのか?「Life on HigashiYuri」に込められた意味。

icon

「Life on HigashiYuri(ライフオンヒガシユリ)」と聞いて、なぜ前置詞に"in"を使わないのか?と疑問を持った方はおそらく英語が得意な方だと思います。

正しい英語ならば、「Life in HigashiYuri」が正解で、「東由利での生活」という意味になります。

実際、東由利中学校のアメリカ人英語ティーチャ―のジェフリー先生が「inに変えた方がいいよ」と、ご指摘してくださいましたが、

私が"ある理由"を説明したところ納得して下さっていました。

ではなぜ、前置詞を「in」ではなく「on」にしたのか。

前置詞"in"を使った「東由利の生活」という意味をもっと深化させたかったからです。

人口減少、超高齢化が進み、生活に必要な商店は内需が衰退して次々とその機能を失い、次々と便利なものが遠のく東由利での生活はただの暮らしではない。

 

もっと人々が協力して生きていかないといけないんじゃないか?一人ひとりが得意なことをできる範囲で。

まるで、「Life on a ship」。船上でクルーたちが力を合わせて生きるように。

 

そうです。HigashiYuriを”船”に例えてあえて“on”にした訳です。

船上生活を想像してみてください。

 

困っている人がいたら、「何か力になれることはないか?」

船が難破して困難に遭遇したときは、「自分に何かできることはないか?」

きっとそうやって声を掛け合い助け合うでしょう。

 

それが、「Life on HigashiYuri(ライフオンヒガシユリ)」の真相です。

HigashiYuri=ship(船)

船上で生活するイメージで、みんなで助け合っていこう という意味が込められています。

 

 

 - Lifeon?